書類/手続き

2021年9月2日

自分で廃車手続きはできる?抹消登録方法や費用を詳しく解説

廃車手続きを自分でする場合、必要書類や手続き方法を間違えると、無駄に時間がかかってしまいます。

自分で処分しないほうが安くなる場合もあるので、事前にどのような流れで行えばよいのか確認しておきましょう。

もう二度とその車に乗らない場合は、自分で廃車手続きするよりも廃車買取業者に依頼した方が時間もかからずプラス査定が付くこともありお得に車を処分することができるのでおすすめです。

廃車には2種類ある

普通車を処分する「廃車」には「永久抹消」と「一時抹消」の2つがあり、それぞれ手続き方法が異なります。

永久抹消

「永久抹消」とは、二度と乗ることのない普通車に対する手続きで、解体済の車や走行不能の車の登録を削除することです。

一度永久抹消を行ってしまうと、その車では再び公道を走れなくなり、再登録することはできません。

手続きは管轄の運輸支局で行い、業者に代行を頼むこともできますが自分で手続きすることも可能です。

既に支払い済の自動車税や自賠責保険料は、月割りで還付されるので忘れずに手続きしましょう。

一時抹消

車の登録を一時的に取りやめる「一時抹消」は、長期間車を使用しない場合に行う手続きで、再登録すれば再び公道を走ることができます。

転勤や引っ越し、その他諸事情でしばらく車を使わない場合、そのままにしておくと放置しているだけで自動車税や自賠責保険料を支払わなければなりません。

しかし、一時抹消の手続きをすれば、その間の税金や保険料は支払わなくても良いのです。

永久抹消と同じく税金と保険料の還付を受けることができますが、自動車重量税の還付はありません。

抹消期間に規則は無いので、再び乗るときになったら管轄の運輸支局で手続きをすれば元通りに使用できますし、再登録せずに永久抹消することもできます。

自分で廃車手続きを行う流れ

廃車の手続きは、業者に依頼せずに自分で行うこともできます。

手続き方法は車種によって異なり、流れを把握しておけば初めて廃車する場合でもスムーズに行うことができるので事前に確認しておきましょう。

普通自動車の場合

普通自動車の廃車手続きは、管轄の運輸支局で行います。

永久抹消登録

永久抹消登録をするには、まず解体業者を探し車を解体します。

この時に「解体通知書」と「ナンバープレート」を渡されるので、運輸支局で手続きする際には忘れずに持参しましょう。

その他、必要な書類があるので事前に準備し運輸支局に提出します。

必要書類を準備したら、ナンバープレートを返納窓口へ返却します。

返却すると「手数料納付書」に受領印が押されたものを渡されるので、その他の書類と一緒に窓口へ提出すれば手続きは終了です。

税金の還付を受ける場合は、税申告窓口に「自動車税・自動車取得税申告書」を提出すれば、後日前払いで収めた自動車税が還付されます。

一時抹消登録

一時抹消登録の場合は、解体したり車を持ち込む必要はありません。

ナンバープレートを外し(前後2枚)、必要書類と共に運輸支局に返却するだけで手続き完了です。

手順は、「手数料納付書」に350円の印紙を貼り、ナンバープレートを窓口に返却後「一時抹消登録申請書」と「車検証」「印鑑証明書」を窓口に提出します。

その後、永久抹消登録と同様に税金の還付を受ける場合は、税申告窓口に「自動車税・自動車取得税申告書」を提出すれば手続き終了です。

軽自動車の場合

軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で行い、普通車同様に車に乗らない期間によって手続きが異なります。

解体返納

「解体返納」とは普通自動車でいうところの永久抹消登録にあたる手続きで、車を解体し永久に乗れない状態にすることです。

まず、解体業者に車を解体してもらい「使用済自動車承諾書」とナンバープレートを受け取ります。

「車検証」と「解体届出書」を窓口に提出すれば、手続きは完了です。

税金の還付を受け取る場合は、窓口に「自動車税・自動車取得税申告書」を提出しましょう。

自動車検査証返納届

車を長期間乗らない場合は、そのままにしておくと自動車税がかかってしまうので、一時的に車検証を返納する手続きを取っておきましょう。

解体する必要は無いので窓口でナンバープレートを返納し、必要書類と車検証を提出します。

手続きが終わると「自動車検査証返納証明書」「軽自動車検査証返納確認書」が交付されます。

この書類は、再び車を利用する時に必要となるので、なくさないように大切に保管しておきましょう。

自分で廃車するときの必要書類

廃車手続きを自分でする時は、事前に用意しておかなくてはならない書類と窓口に用意してある書類があるので、どのような書類が必要なのかあらかじめ確認しておけば、スムーズに手続きできます。

書類に不備があると時間がかかってしまうので、間違わないようにしっかりと確認してから窓口に向かいましょう。

永久抹消登録のとき

事前に必要なもの

  • 車検証
  • 印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  • 移動報告番号(リサイクル券に記載されている)
  • 解体業者からもらう解体証明(解体報告記録日が分かればよい)

運輸支局窓口で入手するもの

  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 手数料納付書

一時抹消登録の時

事前に必要なもの

  • 車検証
  • 印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)

運輸支局窓口で入手するもの

  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 手数料納付書

解体返納(軽自動車の永久抹消)の時

事前に必要なもの

  • 車検証
  • 使用済自動車引取証明書

軽自動車検査協会窓口で入手するもの

  • 解体届出書
  • 軽自動車税申告書

自動車検査証返納(軽自動車の一時抹消)の時

事前に必要なもの

  • 車検証

軽自動車検査協会窓口で入手するもの

  • 自動車検査証返納証明書交付申請書
  • 自動車検査証返納届出書
  • 軽自動車税申告書

※どの手続きにも前後のナンバープレートは必ず必要です。

自分で手続きするより業者に依頼する方が安くなる場合もある

廃車の手続きは、書類を揃え窓口に持参するだけなので手続き自体は簡単なので自分で行うこともできますが、状況によっては業者に依頼した方がメリットがあります。

廃車費用の相場は以下の通り、5万円程度の準備が必要です。

  • レッカー代:1~2万円
  • 解体費用:2万円~
  • リサイクル料:8000~2万円
  • 手続き手数料:1万円程度

車が走行不能の場合や車検がきれている場合は、解体業者までのレッカー代がかかります。

解体は自分で行うと法律違反になるため、必ず業者に依頼しなければなりません。

そして忘れてはいけないのがリサイクル料金で、解体した後の鉄くずやゴミを処分する費用で、解体業者に支払います。

業者に依頼すればこのような手続きの手間や費用がかからないため、自分で行うよりも安くなる場合がほとんどです。

状況に合わせて依頼するかどうか選択しましょう。

業者に依頼した方がいい場合

廃車の手続きは、料金だけでなく時間と手間がかかります。

書類を準備して提出するだけの作業ですが、運輸支局も軽自動車検査協会も平日の夕方までしか受け付けていないので、時間を取れない人も多いでしょう。

月末や年度末は混雑が予想され手続きも長くなりがちなので、時間の確保が難しい人は業者に頼んだ方がスムーズに手続きできます。

いずれにしても解体は自分で行うことができないので、解体工場に持ち込んだり業者を選ばなくてはならないため、はじめから業者に依頼した方が面倒な手続きをせずに済みます。

また、廃車買取業者に依頼すれば0円で手続きできるだけでなく査定でプラスになることもあるので、安易に自分で手続きせずに業者へ依頼した場合も検討した上で行いましょう。

自分と業者どちらで手続きすべきかの判断基準

廃車手続きを自分でするのか業者に頼むのか、どちらにすべきかの判断基準は「一時抹消」か「永久抹消」かで決めましょう。

一時抹消なら自分で手続きするのもおすすめ

一時抹消(自動車検査証返納)であれば、必要書類と窓口で収める350円の手数料のみで手続きができるので、業者に頼んで代行料を払うより自分で行った方が負担は少なくて済みます。

代行手数料は1~2万円が相場ですが、一時抹消の手続きであれば車検証と印鑑証明をそろえ、あとは窓口で配布される書類に記入するだけなので、詳しくない人でも十分にできる手続きです。

記入例も掲示されているので、一時抹消の手続きであれば自分で行うことをおすすめします。

車の解体を伴う永久抹消は業者に依頼がおすすめ

解体をともなう「永久抹消(解体返納)」の場合、窓口で支払う手数料は無料ですが、レッカー代や解体費用がかかります。

自分で手続きをすれば全額自己負担ですが、廃車買取業者に依頼すれば解体にかかる費用は業者が負担してくれるため、0円で手続きできるのです。

また、車の状況によっては数千~数十万の査定が付くこともあり、自分で手続きするよりも大きなメリットがあります。

走行不可能や年式が古く傷や凹みが酷い車でも、部品やパーツに値段が付くこともあり思いもよらない金額で買い取ってもらえるケースもあるので、永久抹消する場合は自分で行わずに廃車買取業者に依頼しましょう。

まとめ

廃車の手続きは、車種や乗らない期間によって手続きする場所や値段、方法が異なってくるので事前に確認が必要です。

一時的に廃車にする「一時抹消(自動車検査証返納)」であれば、自分で行った方が費用が安く済みますが、「永久抹消(解体返納)」の場合は自分で行うと解体費用がかかり、かなりの負担になってしまいます。

廃車買取業者に依頼すれば、手間暇がかからないだけでなくプラス査定が付くことも十分に期待できるので、まずは各社ホームページでどのくらいの金額になるのか簡単見積を取ってみましょう。

関連おすすめ記事